トップページ

二重まぶたについて

目は、人の顔のなかで最も見られているパーツのひとつです。
そのため、外見を気にしている方のなかでも特に目元にコンプレックスを持つ方が多いと言われています。

日本人には一重まぶたの目が一番多いとされていますが、女優やモデルに二重が多いことから、二重まぶたであることが美人の条件のように考えられがちです。
また一重まぶたや奥二重の方には、「いつも眠そうに見られる」「目つきが悪いと思われる」などの誤解を受けることから二重になりたいという願望を持っている方がいらっしゃいます。

二重まぶたは目のまわりの筋肉の力が強く、まぶたを持ち上げて線をつくる構造になっています。
まぶたを持ち上げる力が強いため目がしっかりと開いたり、筋肉の動きによってまぶたの線の幅が変わったりと表情の変わりやすい目です。
また、まつ毛も上を向くため、印象的な目になります。

二重まぶたは明るい印象に見えることやオシャレの幅が広がることから、女性にとって憧れの対象とされています。

二重まぶたの施術の体験談を紹介します。

二重まぶたになりたいという願望を持っている方が多いように、理想の二重まぶたをつくる方法には様々なものがあります。

例えば自宅で自分で行えるものだと、マッサージをしたり、メイクをしたりする方法があります。
まぶたをマッサージすることで目の上の脂肪を燃焼させることは、まぶたについた脂肪が多いことが原因で二重のラインが薄くなってしまっている方には有効ですが、必ず効果があるとは限りません。
効果を実感できるまでには長い時間がかかりますし、自己流の無理なマッサージで肌を傷つけてしまうこともあります。

メイクで二重まぶたをつくる方法も、自宅で手軽に行えるので二重化粧品を利用する方は多いのですが、すっぴんになると二重は残りません。

そのため、確実に、半永久的に二重まぶたを手に入れられる方法としてクリニックで施術を受ける方法も選ぶ方もいらっしゃいます。
しかし、美容整形を利用したことのない方にとっては、痛みや値段など不安に思う部分も多いものです。
このサイトでは二重まぶたの施術を受けた方が、どのようにして施術を決めて、実際に二重まぶたになったのか体験談をご紹介します。